登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイスの詳細

登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイス

薬剤師の違い

ドラッグストアなどで一般用医薬品の販売ができる新しい資格、登録販売者。2009年6月に誕生したばかりの資格です。

新しい資格だけに注目度が高い反面、まだどのような内容なのか、十分に広まっていない感もあります。とくに薬剤師とどう違うのか、関心を持っている人も多いようです。

最大の違いは第一類医薬品の販売ができるかどうか。第一類医薬品とは「安全上特に注意を要する成分を含むもの」という定義のものに分類されているもので、おもなものではストリキニーネ、テオフィリン、ヨヒンビン、プロピオン酸テストステロンなどが挙げられます。

これらの成分が含まれた第一類医薬品は薬剤師にしか販売が許されていません。

それから薬剤の調剤ができるかどうか。処方箋にしたがって相応しい薬剤を調剤することができるのは薬剤師のみ。登録販売者には許されていません。

簡単に言えば登録販売者は「薬を売るだけ」の仕事と言えるでしょう。私たちが日ごろドラッグストアなどて購入し、使用している薬のほとんどは第二類医薬品。とくに薬剤師の専門的な知識を必要としないものです。こういったものを登録販売者が販売できるようにすることで、よりスムーズに医薬品の販売ができるようになるのです。

それからもうひとつ、大きな違いがあります。それは合格率。第一回の試験では地域ごとに合格率に大きな差ができましたが、高いところでは70%を超える合格率を記録しました。

登録販売者は薬剤師よりもハードルが低く、それでいて安定した雇用環境を見つけることができる魅力的な資格、ともいえるかもしれません。


Copyright (C) 登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイス: テンプレート. All rights reserved