登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイスの詳細

登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイス

登録販売者のメリット

2009年6月からスタートした登録販売制度。2008年に実施された第一回の試験ではこの新たな資格に注目した人が多く受験し、話題を提供しました。

第二類医薬品、第三類医薬品の販売ができる登録販売者。これまで薬剤師の設置が義務付けられていた医薬品の販売を改正し、第一類以外なら薬剤師がいなくても登録販売者がいれば販売が可能になりました。

ドラッグストアなど店舗経営をする立場からすれば人件費を節約できるという大きなメリットがあります。

そのため社員に資格を取得させるケースも多いようです。また資格取得を目指す立場からすればまず就職・転職に有利という面があります。医薬品の購入を地域の偏りなくできる環境作りが急がれている現在、登録販売者の役割は非常に大きなものがあります。

今後拡大することが予想される医薬品販売業に就職・転職するチャンスが高くなることが期待できます。実際に医薬品を販売する業務につかなくても、社員として就職する際、この資格は有利に働くことも予想されます。

就職してすぐに責任ある立場につくチャンスが得られるのも登録販売者のメリットでしょう。とくに薬剤師を設置しない場合では現場責任者として任せられるケースもあります。当然資格手当てなどもつくため、待遇面で有利なこともあります。

まだできたばかりの資格のため、年齢を問われない点も魅力です。40代、50代の資格取得者でも就職・転職先を見つけられるチャンスに恵まれている状況です。

このように、登録販売者は時代の要請が生み出した新たな、それも有望な資格です。スキルアップや資格取得を考えている人は狙ってみて損はないのではないでしょうか。


Copyright (C) 登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイス: テンプレート. All rights reserved