注目が集まっている登録販売者の資格取得や試験などについて。

登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイス

登録販売者ってどうなの?

登録販売者の資格を持つと、ドラッグストアなどで多く取り扱われている第二類医薬品を販売できるようになります。資格取得に長い年月がかかる薬剤師の免許がなくても多くの医薬品を販売できるため、ドラッグストアなどでの需要が増えている資格です。

登録販売者の通信講座について知っておこう!

まだスタートしたばかりの登録販売者制度。第1回試験にはおよそ6万人が受験しました。医薬品販売業の多様化が求められていることもあり、登録販売者に対する関心が高まっています。

しかし、まだ新しい資格ということもあり、勉強方法がよくわからないという人も多いようです。就職・転職を有利に運ぶために取得を目指す人も多く、独学での勉強が求められることもあってか、効率のいい勉強方法が求められています。

そんなニーズに応えてくれるのが通信講座です。
ネットの普及によってさまざまな資格の通信講座が行われるようになっています。登録販売者もその例外ではなく、すでに取り扱っている業者もあります。

通信講座として名高いヒューマンアカデミーがまず挙げられます。通信講座を手がける有名企業の中でもっとも早く登録販売者の取り扱いを開始しています。ほかにはサイエンスアカデミーや産業能率大学、全教振、メイクドリームスクールなども通信講座を取り扱っています。

気になるのは費用でしょう。通信講座にかかる費用は業者や講座の内容によって異なってきます。2万?5万円程度が一般的な相場となっているようです。

今後さらに登録販売者の通信講座を取り扱う業者が増えていくことも予想されます。問題集や過去問の書籍も出版されるようになり、少しずつ独学の環境が整いつつある状況ですが、登録販売者の試験は実施される都道府県によって難易度が異なるなど厄介な特徴もあります。

万全の状態で試験に臨みたい場合にはこれらの通信講座が大きく役立ってくれることでしょう。うまく活用したいものです。

収入はどれぐらい?

第一類医薬品以外の一般医薬品の販売を取り扱うことができる登録販売者。まだ始まったばかりの資格ということもあって高い注目を集めています。

今後拡大していくことが予想される医薬品販売業、またドラッグストアでの勤務から店長、現場責任者への抜擢、さらにはMR(医薬情報担当者)としての就職など、多彩な可能性が指摘されている登録販売者。資格を取得することで就職・転職に役立てようと考えている人も多いようです。

では、実際に登録販売者はどの程度の収入が見込めるのでしょうか。

まだ歴史の浅い資格だけに、平均年収などのデータは得られない状況ですが、最も多い就職先となるであろうドラッグストアでの勤務になった場合、初年度で300万円程度が見込まれます。その後店長や責任者になることで昇給していくことになります。

また、登録販売者の資格を持っていることで資格手当てが期待できます。資格手当てがどの程度支給されるかも就職先によって異なります。

現時点では大体5000円?2万円程度とも言われています。ただし、第1回試験が高い合格率となり、大量の合格者が出たことで手当ては減少傾向にあるとも言われています。

登録販売者の場合、ドラッグストアの社員が受験するケースも多く、資格取得後に就職・転職した場合の収入のデータがとりにくいという面もあります。

現時点では高収入が見込める点よりも、就職・転職、あるいは昇進に有利、あるいは安定した雇用条件が得られるといった待遇面の有利さが登録販売者のメリットとして指摘されるべきなのではないでしょうか。

わたしがよく使うサイト

ヤフーオークション・・・最近、買い物にハマっています。


Copyright (C) 登録販売者に合格だ!資格取得と勉強のアドバイス: テンプレート. All rights reserved